HOME > 事業概要

事業概要

事業概要


 280MHz無線呼出し事業は東京テレメッセージの名で1986年に開始されました。ポケベルとして親しまれた無線呼出しサービスです。

 一時は、280MHz無線呼出サービス以外に事業を拡大し「東京テレメッセージ」の社名もなくなりましたが、2008年10月に、280MHz無線呼出し事業だけを継続する事業再編が実施され、東京テレメッセージという社名も復活いたしました。


 280MHzデジタル同報無線システムは、280MHz帯の電波特性とポケベルの仕組みを最も有効に活用できる分野として、ユーザーを自治体さまに限定した、住民向けの防災情報伝達手段として2006年に開発されました。


 首都圏でご利用されている自治体様からは、防災情報伝達の手段として高い評価を得てきており、このサービスを広くご利用いただくため、2013年に経営資源をこの分野に大きくシフトし、従来の280MHz戸別受信端末に加え、280MHz新型防災ラジオや280MHz屋外拡声子局などの製品化を推し進め、従来の60MHz市町村防災行政無線(同報)に完全に代替するシステムとして完成させております。


 280MHzデジタル同報無線システムは東京テレメッセージのコア事業に成長し、高収益・高成長を支えていますが、その収益はシステムのさらなる強靭化に向け投資され、それがまた高成長につながっております。




 ページャー事業は、2019年9月30日をもちましてサービスを終了いたしました。

 ただし、ポケベル型の端末製造のノウハウを生かして、ユーザーを個人利用者ではなく自治体様向けの280MHzデジタル同報無線システムとしてサービスを展開しております。


 D-FAX事業は、2021年10月31日をもちましてサービスを終了いたしました。